ADTからExportしたbuild.gradleのdependenciesが空になったら

ADTからAndroidStudioにプロジェクトを移行するには、Exportコマンドを使うと簡単にAndroidStudio用のgradle.buildを生成できます。

ですが、現行バージョンでは何故かdependenciesが空になってしまうので手作業で追加する必要があります。


Exportの手順は以下のとおりです。

  • プロジェクトを選択
  • Export... > Android > Generate Gradle build files
  • なぜか選択したプロジェクトが選択されていないので、選択
  • Finish

プロジェクトのルートディレクトリにbuild.gradleが生成されます。
でも何故かdependenciesが空...


生成されたbuild.gralde

buildscript {
    repositories {
        mavenCentral()
    }
    dependencies {
        classpath 'com.android.tools.build:gradle:0.4'
    }
}
apply plugin: 'android'

dependencies {
}

android {
    compileSdkVersion 17
    buildToolsVersion "17"

    ...
}


以下は空になってしまったdependenciesを修正する方法です。


libsディレクトリに以下のような依存jarが入っているとします。

libsディレクトリを引き続き使う場合

これらlibs配下のjarをまとめてdependenciesに追加するには以下のよう記述を追加します。

dependencies {
    compile fileTree(dir: 'libs', include: '*.jar')
}
ライブラリプロジェクトを参照している場合

参照するライブラリプロジェクトがある場合は、以下のような記述を追加します。

この場合はメインのプロジェクトと同じ階層に my-library というディレクトリでライブラリプロジェクトが存在することを想定しています。
また、このライブラリプロジェクトもExportコマンドなどでgradle.buildを生成していることとします。

dependencies {
    compile project(':my-library')
}
libsを使うのを辞めて、mavenリポジトリを使う場合

libsにファイルを置くのを辞めて、mavenリポジトリを参照したい場合は、以下のような記述を追加します。

repositories {
    mavenCentral()
}

dependencies {
    compile 'com.google.inject:guice:3.0:no_aop'
    compile 'javax.inject:javax.inject:1'
}


以上です。